女性向け 性感マッサージ体験集【京都・大阪・滋賀・岐阜・愛知】



まろんのプロフィール

まろん(30代男性)

まろん(30代男性)

【京都・大阪・滋賀・岐阜・愛知】
体験者の承諾のうえで、性感体験の流れや感想を紹介しています。あくまでも個人的趣味による、ブログ主と体験者の合意に基づいた性感体験を提供するものであり、風俗店ではありません。



メニュー



まろんのおすすめリンク

このブログをリンクに追加する



①まろんのプロフィールや約束事


※当ブログはアダルト表現を含みます。18歳未満の方やアダルト表現に抵抗がある方は直ちに閲覧を中止してください。また、ブログ主と体験希望者双方の合意に基づく性感体験を紹介するものであり、風俗店ではありません。

ブログ主 プロフィール

 
女性 性感 体験
名前 

まろん


性別
男性


年齢
30代


趣味
映画鑑賞、スポーツ全般


得意科目
心理学を得意としています。お悩みの方、よかったら相談してみてください。性のことに限らず、仕事や人間関係、コンプレックスのことなどお聞きします。
実際、体験後の余った時間などは、性とは全く関係ない世間話などをしています。また、現在は催眠についても学んでいます。



自己評価としては、一言で言えば50点。可もなく不可もなくといったところでしょうか。体験女性からは「優しいかわいい系だね」とか、「エロいブログ書くくらいだから、いかつい人をイメージしてたけど、私より大人しそうでびっくりした」と言われます。つまり、童顔らしいです。


体型
体験女性からは細マッチョとは言われますが、自分ではそこまで筋肉がついてるとは思いません。参考までに、今はかろうじて腹筋が割れている程度です。


活動場所

京都府 : 京都市、宇治市、舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市

大阪府 : 大阪市、堺市、東大阪市、牧方市、高槻市、吹田市
滋賀県 : 大津市、草津市、彦根市、米原市
岐阜県 : 岐阜市、大垣市、羽島市、各務原市

愛知県 : 名古屋市、一宮市

(※こちらに記載のない市町村についても一度ご相談ください)

ブログ運営の動機
「女性の悦びを知ってほしい」と書きたいところですが、いかにも偽善者っぽくなるので、もっと自分本位の言い方をします。私自身が今までの性体験を通して「女性が感じてくれたり、喜んでくれた時ほど自分も嬉しい」と感じているからです。
また、少し真面目な話になりますが、私が大学卒業後に就いた仕事は、「できるだけたくさんの人の役にたちたい」と昔から考えていた第一志望の仕事です。しかしながら、現実の仕事というものは自分の理想どおりにやっていけないもので、「誰のためにやっているんだろう…」と人の役にたっている実感を得られる機会が非常に少ないものでした。それでも休養なしで激務を続けた結果、精神的に落ち込み、歩くことすらできない程に体調崩してしまった時期もあります。そんな時に立ち止まり、「自分ができることで、人のためになって、自分も喜びが得られるもの」を見つめ直した時に、「女性への性感なら、直接的に役に立てるし、自分も楽しい」と思いついたのです。「趣味」の定義は「楽しむもの、ストレスを解消するもの」と考えていますし、結果的に体験者を癒やすことにも繋がるので、こういった趣味でも恥じる必要はないと思っています。

何となく、就職面接の志望動機のようになってしまいましたが、女性の方でも共感してくれる方が増えると嬉しいし、それをこのブログの目標にしています。

体験にあたっての約束事

・お互いに、体験がより良いものになるための努力や協力をする。

・お互いに、されて嫌なことはしない。途中で嫌になったことはストップする。

・お互いに街でバッタリ会っても声をかけない
・お互いに、性的行為に対する報酬は請求しない(売春・買春には関与しません。風俗店ではありません。)

・お互いのプライベートを無理に詮索しない(個人情報のやり取りは体験を充実させるための必要最低限に留めます。自分のことをよく知らない相手だからこそ、体験時には素直な自分をさらけ出せるものだと考えています。例えば、勤務先や住所を知られた人に、エッチな自分は知られたくありませんよね。)



貴女は、乳首を愛撫されるだけでイッたり、キスをしているだけでイッてしまった経験はありますか?

このブログでは、実際にそんな体験をされた女性を紹介しています。



恐らく、このブログに行きついた女性の多くは、普段真面目に頑張りすぎている、そして本当はやりたいことも我慢して生活している方が多いのではないかと思います。


時には、自分の欲求を開放して、ストレスを解消してあげることが大切です。

それが「男の人に優しく抱いてもらいたい、気持ちよく愛撫してもらいたい」という性的欲求であっても何も悪いことではありません。

男性は遊んで良いのに、女性はダメなんて変ですよね。


本来、人には『食欲・性欲・睡眠欲』という根本的な欲求があり、それらをうまく満たしていかないと、壊れてしまうものなのです。

性欲に関して言えば、信頼できる相手との安心感のなかで、優しくも刺激的な愛撫をされて、焦らされながら快感を極限まで高める(イク)ことが大切です。


しかしながら現実的には、AVを意識しすぎているのか、性感帯だけを最初から集中して強く愛撫することが、女性をイカせるための唯一の方法だと誤解している男性が多いものです。

そればかりか、セックスは男性が射精するためだけの行為に陥ってしまっているケースも少なくありません。


女性は相手のことが好きであればあるほど、嫌われるのを恐れるあまり、性の願望を素直に伝えることは難しいものですよね。

かといって、冷めている相手に対しては、根本的な問題として「気持ちよくしてもらいたい」という感情さえなくなってしまうので、欲求不満は溜まる一方です。


このようにして、性的欲求を100%満たせている女性は少ないのではないでしょうか。
そんな欲求不満に素直に向き合って、普段は得られない性感体験をされたのが別ページで紹介する体験者さんたちです。


このブログは、いつも頑張っている、そして、我慢ばかりしている女性に特に共感いただける内容になっているかと思います。

性のことだからと恥ずかしがる必要はありません。


ブログを通じて、『お互いを知りすぎない相手だからこそ、本当の自分をさらけ出せる世界』を一人でも多くの女性に知っていただければ幸いです。

※当ブログは、ブログ主と体験者双方の合意に基づく個人的な性感体験を紹介するものであり、報酬の発生する「風俗店」ではありません。

「①まろんのプロフィールや約束事」はこちら

「②性感体験の流れや注意点」はこちら
「③性感の体験集」はこちら
「④よくある質問」はこちら
「⑤体験への申込み・相談」はこちら



リンク集